🏀NBA NEWS🏀

#14

📰11月23日/ボグダン・ボグダノビッチがホークスのオファーシートにサイン!

 

キングスはトレード交渉が解禁された11月16日(同17日)、ボグダノビッチをミルウォーキー・バックスにサイン&トレードし、その見返りとしてバックスからアーサン・イリヤソバなど3選手を獲得する方向で合意というニュースが出ていました(当NEWSでも取り上げました)がしかし、ボグダノビッチがまだサイン&トレードに合意していない(本人聞いてない)ことが発覚。トレードが成立しない可能性が…

 

このホークスのオファーにキングスはマッチしボグダノビッチを引き留めることができますが、引き留めてもキングスに残留かホークスに移籍するかしかないのでバックス移籍は無くなったみたいですね。

 

バックスは残念でしょうね~。

そしてキングスに残留しても、自分をトレードしようとしたチームでうまくやれるかどうかですよね…

 

■簡単に用語説明■

・フリーエージェント(FA)とは

FAになると他のチームと自由に契約できる。元居たチームとはサヨナラするだけなのでチームに見返り無し。

 

 

・トレードとは

元居たチームと移籍先のチームで選手や指名権などなどを交換する。

 

・サイン&トレードとは

フリーエージェント(FA)になった選手が元居たチームとのみ交わせる契約。

内容はサイン(契約)してお前の事すぐにトレード(他のチームへ)するぜ!という感じ。

 

このサイン&トレードがなぜ起こるかというと

選手→移籍したい!けど移籍先のチームに金銭的余裕がない。

元居たチーム→見返りもなくFAで出ていかれるのが嫌!

移籍先のチーム→選手に来てほしいけどチーム全体のサラリーの上限に余裕ないな~

 

そこでサイン&トレード!

トレードなので移籍先のチームはその選手の価値に見合った選手と交換、チームのサラリー上限気にしなくてよし。なので選手は移籍先のチームの懐を気にしなくてよし。元居たチームも見返りありでよし・という感じです。

 

今回のボグダノビッチ場合だと

キングスが元居たチーム。

ボグダノビッチはFAなのでキングスとサイン&トレード契約ができる。

キングスはボグダノビッチにFAでタダで出ていかれたくないのでバックスにトレードする為に、ボグダノビッチとサイン&トレードをしようとする。

 

今回このサイン&トレードをバックスには言ってるけどボグダノビッチに言っていない。

なのでボグダノビッチはそんなの知らんがな!とFAの権利を行使してホークスのオファーシートにサイン。なのでバックスびっくり。

 

契約難しいですね…

管理人も勉強中ですので、間違ってたらご指摘お願いいたします。

 

皆さんはこの契約どう感じましたか?

コメントお待ちしてます!

 

コメント: 0

#13

📰11月23日/NBA2020-2021シーズン日程が決定!(たぶん)

 

ざっくりとした日程が決まったもようです。

コロナウィルスの影響も出ると思うので変更もあるでしょうが…

以下のようになるようです!(日付は現地時間です)

・プレイイントーナメントあり※1の試合数短縮で全72試合です。※2

 

12月11日~19日 プレシーズン

12月22日 開幕

~3月4日 レギュラーシーズン前半

3月5日~10日 オールスターブレイク

(実際はオールスターの試合は無くお休み期間のようです)

3月11日~5月16日 シーズン後半

3月18日~3月21日 プレイイントーナメント

5月22日~7月22日 プレイオフ

7月8日~     NBAファイナル

 

まずは前半のスケジュールのみを12月頭に公開、前半の終わり位に後半のスケジュールを発表予定だそうです。

前半の試合がいくつかなくなることを想定、その試合を含め後半のスケジュールを決めて発表という流れの為、スケジュールの発表が前後半に分かれるようです。

 

今回のプレイイントーナメントの仕組みは以下のようになるようです。

西と東7位~10位の各チームが各カンファレンスでプレイイントーナメントに参加。

トーナメント組み合わせは

①7位対8位が対戦→勝った方が7位

②9位対10位が対戦→①で負けたチームと②の勝者が対戦、それに勝った方が8位

シーズンの勝敗やゲーム差の開きが大きい場合、プレイイントーナメントに参加できるかどうかは不明。

昨シーズン、7位~10位のチームでゲーム差の開いていたチームはプレイイントーナメントに参加できませんでした。(たぶん…間違ってたらすみません!その時はコメントで教えてください🙏)

 

ちなみにシリーズがGAME7までもつれた場合、優勝チームが決まるのは7月21日のようで、東京オリンピックがの前日だそうです。

東京オリンピックのバスケは寂しい感じになりそうですね…

 

皆さんはこのスケジュールをどう感じましたか?

コメントお待ちしてます!

 

 

 

※1 ざっくりですが…プレイイントーナメントは昨シーズンコロナウィルスの影響でシーズン中断・日程変更で再開されたことにより初めて導入されたプレイオフ進出圏内の下位2,3チームが争うトーナメントです。

※2 シーズンは通常は82試合です。

コメント: 0

#12

📰11月23日/カーメロ・アンソニーがブレイザーズ残留!

 

メロのプレイがブレイザーズでまた見れそうです。ニックスとの噂もありましたが、僕としてはブレイザーズでプレイする方がメロの活躍の場が増えそうで嬉しいです。

契約内容は最低保証額での1年契約になるみたいです。メロが最低保証額というのがちょっと寂しくはありますが…彼の活躍が来シーズ、その先のシーズンと少しでも長く見れることを祈りたいです!

 

皆さんはこの再契約をどう感じましたか?

コメントお待ちしてます!

コメント: 0

#11

📰11月23日/サージ・イバカがクリッパーズと契約合意

 

イバカがクリッパーズと合意しました!

サンダー・マジック・ラプターズとどのチームでも存在感を示してきたイバカの加入は、個人的な感想として、ハレルに出ていかれてしまったクリッパーズにとってその穴を埋める以上の選手の獲得になったのではないかと思います。

 

皆さんはこの移籍どう感じましたか?

コメントお待ちしてます!

コメント: 0

#10

📰11月23日/ゴードン・ヘイワードがホーネッツと契約合意。

 

ヘイワードの移籍先が決まりました!

怪我をしてから期待されるパフォーマンスが出来ていない印象がありましたが、ホーネッツでの活躍に期待したいですね。

 

ちなみにホーネッツはサラリーキャップを空けるためニコラス・バトゥムを解雇するようです。

年齢的にそろそろバトゥムも衰えてきたか。って思ってましたけど、まだ31歳なんですね…

まだまだいけるやん!バトゥム!

 

皆さんはこの移籍と解雇をどう感じましたか?

コメントお待ちしてます!

コメント: 0

#9

📰11月23日/モントレズ・ハレルとウェスリー・マシューズがレイカーズへ移籍

 

昨シーズン、シックスマン賞を受賞したハレルと3&Dが売りのマシューズが王者レイカーズに移籍。

ハワードとグリーンの抜けたポジションの補強といった感じでしょうか?

レイカーズは連覇に向けてしっかりと準備を進めてますね!

 

皆さんはこの移籍はどう感じましたか?

コメントお待ちしてます!

コメント: 0

#8

📰11月21日/ドワイト・ハワードがレイカーズから移籍。

 

ハワードが76ersへベテランミニマム契約(1年)で移籍したようです。

新天地でも、レイカーズでの様な活躍を期待したいですね!

 

皆さんはこの移籍をどう感じましたか?

コメント: 0

#7

📰11月20日/ウォリアーズがウーブレを獲得。


トレードでウォリアーズはケリー・ウーブレを獲得し、サンダーに2021年の保護されたNBAドラフト1巡目指名権を放出する。
ウーブレはサンズとサンダーのトレードでサンダーへ移籍したばかりだが、サンダーは再建の為将来の指名権を集めてる印象。

ウォリアーズはアキレス腱断裂の為20-21シーズン全休が決まったとされる、クレイ・トンプソンの穴を埋めるための選手を探していたのではないかと思います。

皆さんはこのトレード、どう感じましたか?

コメント: 0

#6

📰11月20日/マブスがセス・カリーをトレード

 

ダラス・マーベリックスがフィラデルフィア・76ersとのトレードで、セス・カリーを放出しガードのジョシュ・リチャードソンと今年のドラフト36位指名権(タイラー・ベイ)を獲得した。

 

個人的にはマブスからセスがいなくなったのは寂しいですが、ジョシュ・リチャードソンはディフェンスに定評のある選手ですので、相手のエース級のウィング選手を守れる選手を獲得できたのはマブスにとって好材料だと思います!

 

76ersは昨年の課題であったシューター不足を、セスとレイカーズからトレードで獲得したダニー・グリーンで見事に補強しましたね!素晴らしい!

 

皆さんはこのトレードどう感じましたか?

コメント: 0

#5

📰11月20日/リッキールビオがミネソタへ復帰

 

ドラフト開始間もなくにウルブズとオクラホマシティ・サンダーがトレードに合意。ウルブスは今年の17位指名権をOKCに送る見返りとして、サンダーがサンズからクリスポールとのトレードで獲得していたリッキー・ルビオと2020ドラフト1巡目指名権2つ(25位と28位)を獲得した。

 

ルビオのウルブズ復帰はミネソタファンの方は嬉しいんじゃないでしょうか?

ウルブズでの活躍に期待したいですね!

 

皆さんはこのトレード、どう感じましたか~?

コメント: 0

#4

📰11月20日/クレイトンプソンアキレス腱の故障で2020-2021シーズン全休。

怪我の詳細出たようです…

アキレス腱断裂。本当に残念です💦

復帰に向けて頑張って欲しいですね!

コメント: 0

#3

📰11月19日/バックスがホリデーとボクダノビッチをトレードで獲得

ホリデー⇔エリック・ブレッドソーとジョージ・ヒルの2選手、ドラフト1巡目指名権3つ、ドラフトスワップ権2つを放出。

 

ボクダノビッチ⇔ダンテ・ディヴィンチェンゾとエルサン・イリヤソバ、DJ・ウィルソンの3選手を放出。

 

バックスはアデトクンポの為に全力で動いてる感じですね!

個人的にはホリデーとボクダノビッチは良い選手なので、バックス加入は楽しみです!

ちょっと選手層が薄くなった感は否めないと思うんですが皆さんいかがでしょう??

コメント: 0

#2

📰11月19日/クレイトンプソンが練習中に怪我。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは現地18日、下腿部を負傷したと報じられた。

 

アキレス腱ではないかとも言われているそうです。

新シーズン、トンプソンとカリーのスプラッシュブラザーズが見れると思ったのに・・・

軽傷であることを祈ります。

コメント: 0

#1

📰10月16日/アンソニー・デイビスレイカーズと再契約濃厚か?

 

アンソニー・デイビスはロサンゼルス・レイカーズに残るつもりだ。『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者が報じている。

 

デイビスの現行契約には2020-21シーズンのプレイヤーオプションが含まれる。シャラニア記者によると、デイビスはフリーエージェント交渉が解禁になってからそのオプションを破棄すると言われている。だが、デイビスが市場に出ることはない。レイカーズと再契約を結ぶ計画だからだ。シャラニア記者は、デイビスとエージェントのリッチ・ポールが、契約オプションについて話し合うために近くミーティングを行なうとも報じた。

コメント: 0